肝機能の回復にサプリメントがおすすめ!

肝機能回復効果のあるサプリメント

肝機能の低下は、サプリメントで改善させることも可能です。
アルコール好きな方は、肝臓にかける負担が大きくなるため、肝機能が低下していることがあります。弱った肝機能を回復させるサプリメントには、さまざまな成分が配合されており、簡単に補うことができるとして人気を集めています。
また、普段の食生活を整えることで肝機能を向上させることもできます。肝臓に良いとされる良質なタンパク質や緑黄色野菜、海藻などを取り入れたメニューに替えるだけで、肝機能が向上していきます。
食材では、牛乳や卵、大豆類、鶏肉などからタンパク質が補えます。良質なタンパク質は肝機能の回復に役立つと言われています。
ニンジンやかぼちゃといった緑黄色野菜には、豊富なビタミンが含まれています。さらに、昆布やワカメにも肝機能をサポートする働きがあります。特にふのりは肝臓に働きかける作用が強く、短期間で肝機能を回復させる効果があります。
今流行りのシジミにも、肝臓機能を支える働きがあります。シジミには豊富なアミノ酸やタウリンが含まれており、アルコールの摂取量が多い方におすすめです。シジミのみそ汁など、普段からシジミを使った料理を食べるようにすると、肝臓の負担を取り除くことができます。
また、シジミサプリメントも人気です。シジミだけでなくウコンなども使ったサプリメントなら、安全性も高く肝臓に対する効果も抜群です。
次の日に備えるならば二日酔い対策のサプリメントはぜひ摂取することをおすすめします。
肝機能の回復を目指す方は、食生活の改善とともにサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか?

肝臓に良いと言われている食材

「泣かずの臓器」や「沈黙の臓器」といった別名もついてしまうほど自覚症状が現れにくい肝臓は、病気を発症したとしても、その病気の発見が遅れるというケースも少なくありません。
肝臓の働きは生きていく上でもとても重要なもので、消化・吸収された栄養分をエネルギーへと変換する働きだったり、血糖値のコントロールをするなど、実に様々な働きを担っているのです。
数多くある腎臓の働きの中でも、特に「解毒作用」はとても重要な働きです。
アルコールを分解して無毒化させたり、尿としてアンモニアを排出したりといったような働きを総称して解毒作用と呼んでいます。
肝臓の負担になるのは、お酒の飲みすぎ・糖分、脂肪分の過剰摂取なのだということです。
病状がある程度悪化するまで症状が出にくく発見も遅くなりがちなのが肝臓なので、病気予防のためにも日々の生活の中で肝臓を労わるよう心がけたいものです。
その為には、食生活の見直しがとても大事になってきます。
糖分・脂肪分・アルコールといった肝臓の負担となるものを制限することも大事ですが、肝臓に良いと言われている食材を積極的に摂取できるような食生活へと改善しましょう。
では、具体的に肝臓に良いと言われている食材をご紹介します。
シジミの味噌汁が肝臓にとても良いといのはとても有名な話です。
シジミにたっぷり含まれているビタミンB12という成分は、肝機能を向上させる作用を持っています。
シジミお味噌汁にすることで、その他の野菜やダシの栄養素なども美味しく摂取できるので、人気も高いのです。
また、シジミまではないけれども、魚介類や海藻類などの食材も肝臓のためになるとして有名です。
ウコン・ターメリックも肝臓に良い成分として知られていますよね。
大豆製品やレバーといった食材も肝臓のためには良いものなので、積極的に毎日の食事に摂り入れていきましょう。

適量なコーヒーは肝臓のためになる

一昔前まで、コーヒーというのは健康を害すもので小さな子どもに飲ませるのはいけない、と言われていましたね。
けれども近年は、コーヒーは適量を飲むことで健康維持にもなると言われるようになりましたね。
コーヒーに含まれている成分をご紹介します。

 

・たんぱく質
・油分
・粗繊維
・カフェイン
・タンニン
・有機酸
・カフェ酸
・クロロゲン酸
・ポリフェノール
・褐色色素
・ニコチン酸(ナイアシン)
・トリゴネリン

 

上記の成分は薬効があるものが多いですね。

 

コーヒーに含まれているカフェインには、興奮作用があって発ガン性があったり胃を荒らしてしまうこともあるので、このカフェインの効果のイメージが強すぎるがために、コーヒーは健康を害するものだと言われていたようです。
けれどもコーヒーが体に悪いというイメージは、コーヒーを過剰摂取してしまった場合のことなのです。
カフェインという成分は植物界に自然に存在しているアルカロイド(含窒素塩基性物質)と呼ばれる成分の一種で、
身近なものではお茶の葉やカカオの種子といったものにも含まれている成分です。
カフェインを過剰摂取せず、適度な量を摂取することで健康のためになる効果が得られるということが分かってきました。
カフェインも適度な量を摂取すれば薬効となるので、コーヒーも適度な量であれば薬効成分がたっぷりな飲み物だということになります。
では適量のコーヒーを飲むことでどのような効能を得られるのでしょうか?

 

・思考力、集中力のアップ
・呼吸機能、運動機能のアップ
・利尿作用
・強心作用
・消化を促す
・二日酔い解消作用
・血液循環の促進作用
・抗活性酸素作用
・コレステロールを抑える作用

 

上記のような効能が得られることが分かっています。
二日酔いで苦しい日にはカフェインを摂取することで二日酔いの改善になると言われています。
コーヒーに含まれているポリフェノールも、肝臓にかかるアルコールの負担を軽減させる成分なので、飲酒をした翌日はゆっくりコーヒーを飲む時間を持つといいでしょう。
コーヒーを飲むことで得られる抗活性酸素作用というのは、過酸化脂質という物質の発生を抑えてくれるものなので、肝臓ガンや消化器官のガンといったような重篤な病の予防にもなるのです。
一昔前までのイメージは間違いで、コーヒーは適量を守ることで肝臓のためになる飲み物になるのです。
けれども、肝臓のためになるコーヒーの飲み方として大事なのは、量質なコーヒーを飲むことが大事です。
もちろんコーヒーの過剰摂取は逆効果になりますから注意が必要です。
良質のコーヒーを選んで、適量を飲む、この飲み方を大事にしてコーヒーを楽しみましょう。